ドルフィンキック

30 May

ドルフィンキック

駿君がヘルパーを付けてクロールをする。手の掻き方がまだ縮こまっている感じがするから、それを修正してあげる。元々素直な性格だから、何度か繰り返すうちにちゃんと直っていくそもそも全くの金づちだった駿君は、泳げるようになるというより体力増強の為通っているんだけど、小学生に交じって頑張って続けているので、順当に進級しているそうだ中学生の金づちがスイミングに通うと言うのは珍しいらしく、塔子さんがスイミングスクールに行って事情を話し、相談しているときに件の長谷川コーチが寄ってきて、それなら自分が引き受けよう、という事になった薫ちゃん、隆ちゃん二人の声がハモッて思わず笑ってしまった,スポーツゴーグル。それで薫ちゃんこと金子薫ちゃんが、私のクラスメートであり、隆こと高村隆が私の従兄である事を説明した「すっげー偶然だなぁ。いや、ほら俺が最近朝ランニングしたり、ここで壁当てやっているだろ?それでたまに彼女もランニングしているのを見かけてさ…、一度他で草野球していたやつらの打ったボールが彼女に当たりそうになったのを…。」

「いや、たまたまグローブでキャッチした…だけ…だけど……,ミズノ。」

「それでたまにこうやっておしゃべりしたりするようになって……。」・特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。ご自由にリンク(紹介)してくださいこの小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です,レイバン サングラス。目安にして下さい。
Related articles:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: