超能力者の苦難

28 May

超能力者の苦難

超能力者。世界中で現在判明しているのは約40万人で、そのうちの7割が日本人だ超能力を所持していると判明された奴はみんな強制的に、兵庫県南部のとある場所に存在する「超能力研究区」へ連れて行かれる。「超能力研究区」の目的は超能力者の育成だ。超能力は使い方次第では一人で街の一つ潰せてしまうほど強力なものだ。だから間違った使い方をさせないように教育しているらしい。まあ実際のところ、そういう使い方をするヤツなんかほとんどいないけどな。そしてここで学校を卒業すれば超能力使用免許証が発行され、日本の中なら超能力の使用が可能となるあと、この街の中では免許証なしでの能力使用を許可されている,Oxydo。もちろん犯罪なんかやったら捕まるけどちなみにこの街に存在する学校は全部で200ってところだ,レイバン サングラス。すべての学校には中、高、大がそろっていて、全寮制となっている学校の授業内容は普通で、超能力の研究のために「超能力科」があることぐらいしか違うところなんてない学費とかも研究対象者保護法とかなんとかっていう超能力研究区内でのみ適用される法律で、激安となっているこの「超能力研究区」での生活は悪くない。いや、むしろいいほうだ治安が良く、遊ぶ施設も充実してるし、学校生活も普通の学校と変わらない。・特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。ご自由にリンク(紹介)してくださいこの小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です,レイバン サングラス。目安にして下さい。
Related articles:

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: